会社案内

ご挨拶

代表取締役 今田 悠

真に高品質なメッキを施すためには、メッキに関してのみならず、施す母材の性質、その母材がどのように加工され、またメッキ後に加工されるのか等あらゆる知識と経験が必要であると考えます。
研究所の名に恥じぬよう「メッキができないものはない!」をスローガンに、機械、電気、化学、物理、金属などのあらゆる分野を駆使し、常にお客様のニーズにお応え出来る様研鑽を積んでおります。
また、常識にとらわれることなく真のカスタマーファーストを追求していくために、「品質、コスト、納期、環境の先へ!」を第二のスローガンとして全社員が一丸となってサービスの創造を心がけております。
金属被膜研究所に関わってくださる全ての方々に、社員一同心より感謝すると共に、「金属さんに依頼してよかった」と言って頂けるように益々の努力を致してまいります。

経営理念

三栄 (顧客、取引先、会社‐社員が栄える) の精神に基づき、法律を遵守し、環境に配慮した生産活動を行うことにより、 高い品質の製品を供給して社会に貢献する。


会社概要

所在地〒140-0015 東京都品川区西大井6-5-12
設立昭和30年
資本金1200万円
代表者代表取締役 今田 悠
工場敷地580㎡ 建物延810㎡
従業員数35名
取引銀行横浜銀行 蒲田支店
三菱東京UFJ銀行 蒲田支店

主要取引先様

  • (株)アドバンテスト
  • キヤノン(株)
  • キヤノングループ
  • (株)京三製作所
  • 新日鉄住金マテリアルズ(株)
  • ゼブラ(株)
  • 千代田交易(株)
  • (株)ニコン
  • 三菱化工機(株)
  • 日立造船(株)
  • HOYA CANDEO OPTRONICS(株)
  • (株)大阪真空機器製作所
  • 芝浦メカトロニクス(株)
  • 住友重機械工業(株)
  • 第一三共(株)
  • (株)ディスコ
  • (株)日本製鋼所
  • (株)ミツトヨ
  • 三菱マテリアル(株)
  • 富士フイルム(株)
  • 他 960社

沿革

1955年
品川区西大井にて㈱三栄工業より分離しメッキ事業開始
1963年
硬質クロームメッキ開始
1966年
自動車部品のメッキ受注開始
1976年
トラックブレーキ部品のメッキ受注開始
1993年
無電解ニッケルメッキ開始
2001年
工場立替と同時に硬質クロームメッキ全廃
2003年
ステンレスの電解研磨を開始
2004年
ISO9001、14001認証取得


主要設備

名称形式台数
無電解ニッケルめっき槽2300L (1200×1200×1300mm)2
1200L (1200×800×900mm)5
1200L (500×2300×700mm)1
300L (450×800×450mm)2
無電解Niロール層600L (φ300×1000mm)1
2000L (φ450×2000mm)1
ブラックニッケル槽700L (600×600×750mm)1
ステンレス用槽600×700×800mm1
アルミ用槽500×700×800mm1
ecoブラック槽700L (1200×500×700mm)1
ステンレス電解研磨槽9000L (1800×3000×1500mm)1
クリーンスチーム洗浄装置1200L (φ1000×1500mm)1
クリーン洗浄装置
超音波、純水装置付き
-1
ブラスト装置SCF-3-A1
廃水処理設備-1
排気処理設備-1
めっき治具工作設備フライス盤・ボール版・旋盤 他1
ベーキング炉600×600×600mm3
ベーキング炉850×850×850mm1
ラッピングマシーン1


トップ